2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年3月

2014年3月22日 (土)

勉強会

先日、知人の勉強会に行ってきました。テーマはコミュニケーションに関する事でした。私が、この勉強会に参加したのも素質論と融合できるコミュニケーションの手法を取り入れたかったからです。当日は、仕事が予定より遅くなってしまい、勉強会は途中から参加となりました。ホワイトボードには、ミラーリング、ペーシング、バックトラッキングと書いてありました。

ミラーリングとは、相手の身振り、手振り、表情、姿勢、座り方等を相手に合わせて真似ていく。ペーシングは文字通り相手のペースに合わせていく。バックトラッキングは相手が話した事を簡潔にまとめてオウム返しする。この3つは、素質論と融合させるとより効果を発揮します。例えばペーシングを事例に取ると、ファーストまたはセカンドに001を持っている人は、話をしていて文をつなげていくときに、独特の「間」があります。この「間」は人によって若干の差があります。もう1つ事例に挙げるとすれば919を持っている人は、話していくうちに段々と話すテンポが上がっていくことがあります。ミラーリングも事例に挙げてみましょう。ベクトルHを持っている人は、話しているときは柔和な表情だったり、温かい表情で話すのが特徴なので、こちらも柔和な表情で話しをすれば、自ずとラ・ポールは築きやすくなると思います。また、ベクトルEを持っている人は、あまり表情を変えず淡々と話すのが特徴的です。

素質論アドバイザー、カウンセラーが初対面のクライアントでも比較的早くラ・ポールを築けるのは、ここに秘密があります。その秘密はどんなミラーリングをすればいいか、どんなペーシングをすればいいかを「素質ベクトルとタイプ」で理解をしているからです。素質ベクトルと素質タイプで起こりえる現象と対応方法をセットで理解している事にもなります。今後も継続して素質タイプ別に検証を進めていきたいと思います。

講師の方もお話していましたが、私もコミュニケーションは「聴く」ことから始まると思います。相手が何を考えているのか、何を伝えようとしているのかなど、相手に対し真摯に耳を傾ける、まずはここからではないでしょうか。コミュニケーションが上達していくために必要な事は、「テーマ」を設定していく事だと思います。ただ、漠然と人と話すだけでは、おしゃべりは上手くなるかもしれませんが、コミュニケーションが上手くなる事はありません。それとコミュニケーションを上達させるのに特効薬はありません。地道に積み重ねてこそ上達していくものだということをこの勉強会で再確認できました。そして、よりよい人間関係を築き上げていく事も自然とできるようになります。日頃から勉強会で習ったことを意識してコミュニケーションを取っていきたいです。

2014年3月14日 (金)

異業種交流会へ行ってきました

去年からの目標ですが、毎月1回以上は異業種交流会やオフ会、朝活などに参加しています。理由は、常に見聞を広げていきたいという思いと人と話す事でしか得られない事や感触・感覚も大事にしたいからです。初対面でもきちっとしたコミュニケーションが取れると早くラ・ポールも築きやすいですし、この事はアドバイスやカウンセリングの中でも活きてくるからです。今月は、某国会議員の秘書が開催している異業種交流会へ行ってきました。

私が素質論を習い、素質論インストラクターの資格を取ったのは7年前で、その頃異業種交流会に参加して素質論を広めようと思っても「素質論」を知っている人が30人に1人くらいでした。説明しても占いぐらいにしか思われなくて、打ちのめされた記憶しか残っていません。2、3年前くらいからですが、私が「素質論」の事を話すと、知っているまたは聞いた事があると答える人が以前と比べて明らかに多いと感じるようになりました。今回の異業種交流会では素質論を知っている人はいませんでしたが、人間関係に興味を持っている方やどうしたら顧客を増やせるのか、どうしたらスタッフのモチベーションを上げられるのか、どうしたら店の売り上げを伸ばせるのかなど「人」に関する事でお悩みの方がたくさんいる事を直に感じました。

また、最近では個人で商売や事業をされている方も多くいます。その方達が、最初に直面する問題は人間関係の悩み、改善、逆にどうしたら発展させる事ができるのか、こうした問題が圧倒的に多いです。ビジネスは究極のところ「人と金」に全ての問題が集約されていると思います。人の問題を解決することで、顧客を増やし売り上げを伸ばし、発展していくのではないでしょうか。

素質論でそのようなお手伝いができる顧客をどんどん探していこうと思います。相談業務ですから信用第一、お酒が入ってもわれを忘れることなく、かつ、交流会も楽しんで後の成果に結びつけていきたいです。

2014年3月 3日 (月)

地理風水術について

今回は、素質論と少し離れて地理風水術について語りたいと思います。

素質論では生年月日を取り扱うので、その際に必ずといっていいほど聞かれるのが、「いつ、結婚できますか」「私はお金持ちになれますか?」「今後の運勢は?」などと、運勢や運命について聞かれます。いわゆる地理風水術の相談です。

私は地理風水術は好きではありません。というのは運命論的な判断は、その方の主観が入りやすい事と解釈の幅がありすぎて考慮することが難しいからです。

事例を挙げてお話していきましょう。「金銭的なトラブルが起こりやすいときです」と言われたとしましょう。ある方は10万円を失くしただけで、途方に暮れる方もいますし、会社の経営者の方では100万円失くしても平気と言う方もいます。つまり、その方の人生経験や役職、立場などによっても感じ方が大きく違ってきます。

もう1つ引越しを例にお話しますと、不動産取引などはその分野の専門知識があればトラブルに巻き込まれる確率は低くなると思います。風水でいう「最高にいいとき」に引っ越したにもかかわらず、いわくつきの物件を手にしてしまったという話もいくらでも聞きます。単なるゲン担ぎぐらいにとどめる方がいいかもしれません。前にも書いていますが、ちまたの占いでこの星に生まれた人は、ラッキーカラーが何色で、方角は東がいい、西がいいという話も聞きますが全く根拠がありません。誰も確実な裏づけが取れないと思います。生まれた星と地理風水術は結びつかないというのが答えです。

よくテレビでは風水術が紹介されているのを見ますが、お茶の間向け、一般大衆向けを狙ったものが多いように感じます。こんな批判めいたことを言うのも理由があります。地理風水術は、国家や組織のトップが重要な決断、決定を行う時の最高戦術の1つだからです。個人レベルであっても数百万単位のお金がかかるでしょう。それを数百円、数千円で都合よく運気が上がったり、魔をよけたりできません。成果がほしければしっかりと対価を払う覚悟が必要です。

人生は誰でもいいときもあれば悪いときもあります。いいときでも悪いときでもしなければならない事、気をつけなければならない事はあると思います。あまり、根拠のない風水や占いにとらわれず、やるべき事をしっかりやる事に意識を向けていく方が賢明な生き方ではないでしょうか。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年7月 »