2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あけましておめでとうございます | トップページ | 今年中に基礎理論Ⅲを再受講 »

2014年2月17日 (月)

検証!浅田真央選手の大英断

ソチオリンピック盛り上がっていますね。連日、日本勢の熱戦が繰り広げられているので、寝不足の方も多いと思います。今週は、女子フィギュアスケート、複合、ジャンプの団体戦もありますので、まだまだ寝不足な日々が続きそうです。

盛り上がっている中ですが、今回は女子フィギュアの浅田選手を検証していきたいと思います。なぜ、検証しようと思ったのかと言いますと、元々あったプログラム構成を直前で変更した理由が彼女のCANCODEも影響していると私は考えたからです。浅田選手のCANCODEは下記の通りです。

浅田真央 CANCODE: 001-024-000-0010

前回のバンクーバーでは、彼女は女子フィギュアでは初のトリプルアクセルを2回成功しました。結果は惜しくも銀メダルでした。彼女の武器は「トリプルアクセル」そして、トリプルアクセルを飛べるのは、今は浅田選手一人だけで浅田選手にしかできない事です。ちなみに、フィギュアのジャンプには6種類あって、○○アクセルというジャンプがジャンプの種類の中で一番難度が高いジャンプです。浅田選手は、今回のオリンピックでは、トリプルアクセルをSPで1回、フリーで2回飛ぶとずっと前から公言していました。ここに1st001の「自分にしかできないことを追求する」または「一貫性」という特徴が強く表れていると思います。また、浅田選手はトリプルアクセルに絶対的なこだわりを持っていて、完璧に演技しきって金メダルを取りたいとインタビューで語っていた事もありました。ここにもコアエレメント0010の精神性が表れているシーンだと思いました。

しかし、ここへきて急遽フリープログラムを変更するというニュースが流れました。その内容がフリー前半のトリプルアクセルをやめて、他のジャンプに変えるという事でした。もしかして、浅田選手にとってプログラム変更は受け入れ難かったかもしれません。それでも、この英断を受け入れたのは、「自分が金メダルを取れる最大限の可能性を追求する」3rd000の精神性が強く表れたから、プログラムを変更を受け入れられたと私は考えているからです。私が3rdの影響が強いと考えた理由の1つ目は、ライバルのキム・ヨナ選手、急成長しているリプニツカヤに勝つためにという事。2つ目はオリンピックが故の独特の雰囲気、特別な舞台、何か普段と違う雰囲気で試合をしなければならないからです。裏を返せば浅田選手も緊張状態であり、追い詰められていると考えられます。

英断を受け入れた理由のもう1つは、変更後のプログラムは「エイトプログラム」と呼ばれています。単純に言えば、3回転のジャンプを8回飛ぶと思っていいです。このネーミングと成功させたらオリンピック史上初なんです。1st001を持っている人は、一言に集約すると受け入れてくれる人が多いです。エイトトリプルは成功したら浅田選手だけになります。「他人と同じではイヤ、自分にしか追及できない」という事も1st001のモチベーションを上げているのではないでしょうか。

エイトトリプルが成功したら、女子フィギュアではとんでもないハイスコアになると思います。欧米のジャンパーからレジェンドと呼ばれていた葛西選手が銀メダルを取りました。こちらも後世に残るようなレジェンドな演技で金メダルを取ってほしいと思います。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 今年中に基礎理論Ⅲを再受講 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/55035007

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!浅田真央選手の大英断:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 今年中に基礎理論Ⅲを再受講 »