2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年2月

2013年2月 4日 (月)

あけましておめでとうございます

まず、ふざけているわけではありません(笑)

素質論ではタイムコードと呼ばれるバイオリズムエネルギーがあります。そして、このバイオリズムは日々変化しています。そして、このバイオリズムが1年に1度だけ大きく変化する日が今日なのです。毎日、タイムコード日記をつけているのですが、僕にとって2月4日はすごくワクワクする日でもあります。

私の場合ですが、このタイムコードが7から8に変わりました。去年を振り返ってみると、自分の周りの環境が変化しやすく、時には自分の力がなかなか発揮できない時期もありました。また、どうしても周りに合わせなくてはならず、自分の思い通りにならないときもありました。ただ、そういう中でもじっと我慢したり、チャンスが来たときのために準備をしてこれたのは、素質論のタイムコードを勉強したときに、去年は例年より苦労するかもしれないと思っていて、心の準備が出来ていました。

そういう状況になったとき、「心の準備」が出来ているかどうか、タイムコードの価値はまさにここにあります。全くの想定外であれば、対応は遅れてしまいます。

タイムコードは天気予報にも例えられます。雨が降るとわかっていたら、皆さんでしたら、傘を持っていくとか雨具を用意しておくとか、雨に濡れない対策をしますよね。それによって、チャンスが増えたり、広がる可能性も十分にありえます。タイムコードが理解できている人は、その時を活かす事に集中します。攻める時と守る時を知っているからです。逆にタイムコードを知らない人は、なかなかその時を活かす事が出来ず、結果、人生に翻弄されてしまうわけです。余談ですが、私は、まれに成功された方の講演を聞きに行きます。「話の中で、こんな風にしたら、やったら上手くいきますよ」という類の話もあります。でも、私は、それらをすぐに実践する事はありません。何故なら、タイムコードが違えば、自分がすることも違います。自分のサイクルを無視してその人物の成功しやすいタイミングを真似ても上手くいくはずがありません。一人一人にタイムコードの違いがあり、その時々のタイミングにおける可能性を最大限に活かすことで質の高い人生を歩むことも出来ます。

人生のタイミングは外さないようにしたいものです。タイムコードを日々意識して過ごしたいですね。

2013年2月 3日 (日)

検証!橋下市長の実行力と決断力

皆様、こんにちは

これから高校受験、大学受験のシーズンに入ります。全国各地で入試が行われます。その中でも大阪市立桜宮高校の受験中止は、今までの教育行政では考えづらかった事かもしれません。この高校の批評ではなく、この決定が橋下市長らしいと思いました。今回は、この決断をCACODEの視点から検証をしたいと思います。

橋下徹: 024-919-000-0242

このCANCODE全体から言える事は、「積極的な行動派」ということが挙げられます。この高校の件もしかりですが、橋下さんからの発信にはいいも悪いもインパクトがあるように感じますし、時には極端に映る事もあります。

「入試中止」は我々の感じ方としては、極端に映ったかもしれません。今回の事件の背景を考えると、入学願書の提出が差し迫っている中ですが、今すぐに何とか手を打たねばならなかったのではなかと思います。出た結論が「入試中止」という事でした。ここに3rdの000の特徴が表れてました。思いたったら即行動ですよね。000を持っている方の1つ特徴にあるのが、ある日、ある時、突然突拍子もないことを言うことがあります。でも、それは000を持っていない人の視点からみたら、突拍子もなく感じてしまうのです。000を持っている人の中では思考と感覚が同時に回っていて、全てが1つにつながっているような精神性なので、当人からすればつながっている中の1コマを言っている感覚です。当然、つながっている部分は見えないから、突拍子もなくと感じてしまうわけなのです。それと、この入試中止を決定する前に、実は元巨人桑田氏の講演を聞いていました。皆さんも知ってのとおり、桑田氏はプロ野球の世界で、実績を残された方ですし、あれだけの選手が体罰は絶対許さないと話していたわけですから、すごい人からの講演が3rdの000に影響を与えたとも考えられます。

「入試中止」は発想にあっても、コードの特徴や並びだけでは実行まではできない事もあります。しかし、橋下市長にはそれをできる「実行力」を持っています。この実行力こそが1stの024なのです。特に1stに024を持っている方は、様々な問題点を発見して、これからどうなるかを考え、すぐに問題を解決していく実行していく精神性があります。去年の選挙で、政策を語っているときも突破、実行という言葉を何回も言っていました。評論だけで、何もしない、できないのは024の方は嫌いますからね。無意味なチームプレーも嫌いです。

今回の一連の騒動は、受験生や保護者の当事者にとってはつらい決断を迫られたかもしれません。少しでも教育の現場がよくなる事を願います。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »