2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 基礎理論を再受講 | トップページ | »

2012年3月20日 (火)

就活シーズン

就活シーズンで最近は学生からの相談が多いです。

先日、就活中の学生から相談を受けました。エントリーシートの自己分析や自己PRが上手く書けない事です。エントリーシートの上手な書き方みたいなノウハウ本でも買って、マネをしてみたら?と言ってみたのですが、それでも上手く書けないと。

そこで、素質論アドバイスで自分を知るというテーマで、FULLCODE(13桁プラスベースポテンシャル、ポテンシャル、タイムコード)でその学生の素質を出してアドバイスをしてきました。自己分析をした後で、いざ、エントリーシートを書こうとしたときに、手が止まってしまうんですね。原因は、企業側に自分をよく見せようとする自分がいた事です。つまりはセカンドエレメントの傾向性が強く出すぎたからでした。そして、この傾向性はエントリーシートを書くだけでなく、実際の面接でも同じことが言えると思います。また、面接では人事の方とお話しますから、質問内容によってはサードエレメントになってしまう事も考えられます。

それと、最近では若者の雇用ミスマッチなんて事も挙げられます。これには様々な原因がありますが、1つ考えられるとすれば建前や虚栄心で職業や会社を選んでしまっている事があります。職業を選ぶ時も自分の素質と潜在資質を深く知ってから、職業を選ぶ方がより充実した社会人生活が送れると思います。仮に、何年か経って転職を考えてもきっと役に立つと思っています。是非、就活中の学生の方は必見です!

素質論はこのような事でも、役に立ったり喜んでもらえたりすることが実感できました。今後とも検証を積んでもっと的確にアドバイスできるようにしたいです。

« 基礎理論を再受講 | トップページ | »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/44569702

この記事へのトラックバック一覧です: 就活シーズン:

« 基礎理論を再受講 | トップページ | »