2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年11月19日 (日)

検証!大谷翔平選手のMLB移籍記者会見と素質から見えた選ぶであろうチームと選ばないチーム(前編)

11月11日の記者会見

日本ハムファイターズの大谷翔平選手は、ポスティング移籍でのMLB挑戦を表明しました。

今回の検証は、大谷選手の記者会見とCANCODEから、大谷選手が選ぶであろうチームと選ばないチームを素質論から推測してみました。大谷選手のCANCODEは、下記の通りです。


大谷翔平:025-001-012-0259-F-i-c

性格や特徴からして、ビッククラブやネームバリューのあるチーム向きではないと思いました。その根拠として、大谷選手はベクトルA(888、024、000、100)がありません。次に、ファーストエレメントが素質タイプ025、サードエレメントが素質タイプ012、両方の素質タイプは素質ベクトルHに属します。

ファーストエレメントが素質ベクトルHの人が、物事を選ぶ判断基準は、相手の人柄、信頼関係、原理原則、会社の理念等が挙げられます。プロスポーツ選手であれば、所属するチームの方針、チームコンセプト、入ろうとしているチームに自分の居場所があるかどうかも大切な要素となります。


・誰も歩んだ事がない事が、大谷選手のモチベーションの維持に繋がっている

そもそもNPBでは、投手と野手で成績を残した選手はほとんどいません。というか全くの皆無に等しいです。大谷選手自体が、誰も歩んだことがない二刀流の選手なのです。今まで「二刀流」を続けられたのも、大谷選手の素質が深く関わっているのではと思います。

1つ目として挙げられるのが、ベクトルHの方の得意分野です。

ベクトルHの方が得意とする分野は、先進性、革新性、独創性、分かりやすく言えば、無競合の分野です。二刀流については否定的な意見も多数あったものの、大谷選手がファイターズに入団する前は、二刀流の選手はいなかったわけです。そして、セカンドエレメント素質タイプ001は、唯一無二の存在として認められたい、周りに左右されずに自分の思う道を進みたい、ピッチャーもバッターも可能性があるならば、両方挑戦して、自分の描いた世界を築きたいという精神性があります。


2つ目として挙げられるのが、素質タイプ自体が持つモチベーションも大いに関係があると思います。

素質論では、「行動を起こしたり、物事を判断したりする時に、優先したくなる精神性をモチベーションと呼んでいます。大谷選手のCANCODEを見てみると、ファーストエレメント025とサードエレメント012のモチベーションは、スキルアップに属します。セカンドエレメント001はオウンマインドに属します。

スキルアップの特徴的な傾向性は、自分や自分を含む環境が日々進歩、向上していることを目指す精神性が強いです。オウンマインドの特徴的な傾向性は、周りの環境に左右されない、自分、自分の描いた世界を築きたい精神性があります。

ピッチャーとして、バッターとして、日々向上したい精神性が深層にあり、そして、試合で活躍して自分が思い描く二刀流の世界を築き上げたい、メジャーであっても変わらぬ思いを抱き、自分の可能性を大きく切り開きたい、チーム選びに至っては、そんな事を重要視しているのではないでしょうか?2年後なら、年俸が数十億になると報道されていましたが、お金だけでは、移籍の理由にはならないという事も大谷選手の素質から裏付ける事ができます。


私は、これらの事を踏まえると「単に、二刀流を受け入れてくれるチームではなく、監督、GM、球団も含め、真に二刀流を受け入れてくれる下地のあるチーム」を選ぶであろうと思ってます。


選ぶであろうチームと選ばないチームは後編で書きます。

2017年11月14日 (火)

素質論と出会って10年 Lonely Restart① 序章

素質論と出会って10年になりました。少しずつではありますが、10年振り返ってドキュメントでブログを書いていきます。


それと同時に10年間素質論インストラクター、アドバイザーというレアな肩書きも背負ってきました。インストラクターとして教えた素質論、アドバイザーとして伝えた素質論、自分でもここまで続けていると思わなかった。10年間続けてきたのも、伝えたい事や続けたい理由と続けなければいけない理由があった。それは10年経った今も変わらないものがある。


時系列で整理すれば、実際に、僕が素質論と出会ったのは2007年、その頃はタイトル通りで、孤独な再スタートから始まった。


序章(05~06) 素質論と出会う前

今の会社に勤める前の会社は、ミサワホーム静岡に勤めていた。住宅を購入する時には、誰もが一度は聞いたことがある会社だと思う。実は、ミサワ在籍時に「素質論」という名前だけは聞いたことがある。その時は、具体的にどうしようというのもなかったし、生年月日という響きから「占い」ぐらいにしか思ってなかった。生年月日でわかる占い・・・なんてどこにもあるし、そんなもの自分には必要ないと思っていたからね。

もし、この時に素質論を習っていたら・・・って思った人もいるかもしれないけど、先に書いたように、何とも思わなかったら、それ以上でもそれ以下でもない。


ミサワにいた頃、せっかく仕事を覚えたり、楽しさがわかってきても、すぐに異動させられた。これには不満もあった。同期と飲みに行っても、愚痴ばかり、悲観、悲哀しか出てこない。友人と休みが合わず、ドンドン友人が減る、上司の姿を見ても、とてもじゃないがあの年齢まではいたくない。


そう考えると、何もかもがバカバカしく感じた。だから辞めた。辞めた僕に「お別れ会をしたいから空いた日はあるか?」と同期に聞かれたけど、「そんな事してほしくないから要らない」とピシャッと断った。もう、同期であっても一生関わりたくない気持ちだったし、あと1か月待てば、ボーナスもあったけど、要らないからとにかくここを離れたい一心だった。

辞める当日、営業、設計、総務のフロアの人達と、他愛もない世間話をしてきた。話が盛り上がったところで「じゃあ、今日で辞めるから」と言ってきた。みんな驚くよね。

ミサワホームにいた時の僕だった。3年と10ヶ月が在籍期間だった。


年が明けて、職を探し、今の某警備会社に採用される。当時は、すぐやめるつもりでいたからアルバイト扱い。警備には、交通誘導、雑踏警備、施設、現金輸送、機械、身辺警護等、色々あるけど、交通誘導、雑踏、機械がメインで、僕はアルバイトだったが、配属の形式上は交通誘導、雑踏の部に配属された。


当時は、すぐやめるつもりでいたから、仕事なんて適当で、遅刻はする、担当者にはタメ口、気に入らない事があれば反発する。こんな事でも解雇や懲戒にならなかったから、余計に調子に乗ってしまったんだろう。この時から、周囲の状況が悪い方へ少しずつ変化しているのに、全く気付かなかった。そして、今の会社に入って1年半が過ぎたある日

ついに、その時を迎えてしまった。

2017年11月 8日 (水)

検証!個人未来予測11月

まず、今日は、月のタイムコードが変わる節日です。

この企画は個人のタイムコードを1年間出して、先月の流れから、当月がどんな月になるのかを考察して、ブログを書く月1のドキュメントです。尚、ブログに掲載されているタイムコードの表記は、左からUniverse(大局)、Year(年)、Month(月)で表記しています。


◎Sさんの10月の出来事(10月は7-0-3)

・長期的な案件が決まりそう(少なくても5年以上)

・今までやってきた事が実を結んできている

・Sさんが担当する講座案件が続々と決まってきた

個人未来予測10月のブログで、既に決まった事はあるが、物事は順調に発展していく月、過去の努力が実を結び、収入が少しずつ伸びてくる可能性がある、と予測しましたが、もっと大きな事がきました。

それは、一番始めに書いた「長期的な案件が決まりそうな事」先月のブログでターニングポイントになる出来事が起こりそうとも書いたのですが、ようやく1つでてきたかなと思います。

忘れてはならないのが、新しい事をするのではなく、現状を踏まえ、しっかり育てて増やす事に意識を向けて、決まった仕事に専念してほしいです。


◎11月に予測される出来事(7-0-4)

・今までなら我慢できていた事が我慢できなくなる時もあるので、取引先、部下、友人、周囲の人間とのペースの乱れから、焦燥感を覚えることが多くなる

・取引先、社内、事業所内等での人間関係に亀裂が入りやすい

・営業が順調にいかず、気苦労が多くなる

・思わぬ人材の流出、担当先との調整に奔走する可能性がある

・内外問わず、様々な問題が起こり、苦境に立たされる可能性がある

Sさんの11月に関しては、いいことよりも悪いことが多そうな月になりそうです。まず、人間関係、人材の安定を重視してほしい事と常に客観的な視点を持って、周囲の状況を冷静に判断して物事を決めてほしいですね。

タイムコードでいう4(イノベーション)の時は、Sさんだけでなく、皆さんも同じですが、何となく無意識下でイライラしている事が多いです。だからこそ、「忍従と寛容」の精神を持つ事、意識する事が、次のステップに繋がります。


一見、悪い事ばかりが目立ちますが、4(イノベーション)の時は、自分の実力、力を大きく伸ばすことができる時期でもあります。

今月の30日(7-0-4-4)に、ガッツ、やる気がある行政からオファーがきました。Sさんのタイムコードを考えたら、この日はSさんの今後の試金石という意味合いの日です。感情的にならずに、講座を成功させてほしいと思います。

2017年11月 4日 (土)

ブログを立ち上げた理由②

素質論と出会って、勉強し始めてから10年が経ちました。


初めて素質論を知った時は、楽しい!だけで突っ走ってきました。新しい事を覚えるのも、人と出会い会話するのも、もう本当に何もかもです。


素質論インストラクター、アドバイザーってレアな肩書きでしたし、当時も今でも珍しがられます。自分一人だけど、一人で寂しいという感覚はありません。誰もいないところまで行ってしまおうかなという思いです。先駆者である以上は走り続けなければなりません。


もう1つ大事な事は、人間関係を良くするために、私がこれまでに手に入れてきた事、実践してきた事、アドバイスしてきた事など、人間関係を良くするため、信頼関係を早く築くための知恵は、後世にお伝えしていくべきかなと思ってます。それは素質論講座の中でしか言えない事もあります。


このブログに関して、様々な意見があります。

・誰にでもわかるように、もっとわかりやすく書いた方がいい。(特に、タイムコードに関する事)

・素質論を知っている人が見れば、無料でアドバイスや知恵を手に入れているわけだから、有料コンテンツにした方がいい

・何で予想した事がそんなに当たるのですか?

・恋愛のネタをもっと書いたら、読者がもっと増えるのでは?

・アメーバブログに移行しないのですか?


まあ、本当に色々な声があります。全部を叶えることはできませんが、本当にありがたいです。少しずつ意見を取り入れて形にしていきたいと思ってます。


ただ、1つだけ相容れない事は、ランチやディナーをどこで食べたのか?その件は、素質論と全く関係ないです。だから、載せません。ただし、例えば、飲食店のオーナーが素質論を知ってるとか、自分の講座を受けて、このような感じで素質論を活かし、経営に役立ているとかで、話は別です。前にも書きましたが「ビフォーアフター」というテーマでブログにお店を掲載しようと考えてます。


私に考える機会を与えてくれるのも、全ては、読者のおかげです。ブログを立ち上げたからこその結果だと思います。


今までと同じ週1以上で更新していきますので、今までと同じご愛読いただけますと幸いです。

2017年10月25日 (水)

こちらも「好評!継続中」 浜松異業種交流会

週刊!素質論をご愛読いただきましてありがとうございます。ここ数か月のカテゴリー別のアクセスを見ますと、異業種交流会のアクセスが伸びています。

このブログは、会社員の方、自営業の方、士業の方、経営者の方、主婦の方など、幅広い年齢層で様々な立場の方に読まれています。そこで、異業種交流会のアクセスが伸びているという事は、皆さん交流の場を求めているという事が考えられますよね。


異業種交流会に関しては、当ブログでもいくつかは紹介してきました。今回は静岡県西部地区の浜松異業種交流会を紹介したいと思います。実は、私は、浜松異業種交流会は1年前から参加してきました。この交流会は雰囲気も良く、職種も様々な方が多いので、西部地区で人脈を広げたい方には、ピッタリです。


名称:浜松異業種交流会

費用:1500円(当日、お支払下さい)

人数:15人くらい~多い時は30人を超える事も

時間:18:30~21:30(どたんば参加、遅刻、途中退席OK)

年齢層:30代~60代 男女比は7:3(男女比は会によって変動)

場所:浜松市南部協働センター 浜松市中区海老塚2丁目25番17号

詳細を挙げると、こんな感じですね。浜松異業種交流会は、他の交流会を違ったところがあります。


◎ここが違う!浜松異業種交流会(特に②番!)

①夜の異業種交流会の大半は、お酒が入るのですが、ここはノンアルコールですよ!

②会の途中に、じゃんけん大会があり、勝ち抜くと思わぬ豪華景品が当たる事もあります。このじゃんけん大会は盛り上がりますし、後で話のネタにもなります。

③一人一人、PRタイムを1分~3分くらい取ってくれます。名刺交換では個人対個人の人間関係を築きやすいです。


異業種交流会でじゃんけん大会は、なかなかないですよね。ノンアルコールですから、セクハラもありませんよ。女性の方も参加しやすい環境です。

Cimg0332


                                       Cimg0325

Cimg0333_2










去年の夏から、浜松異業種交流会をきっかけに、静岡県西部地区の様々な交流会に参加してきました。西部は、知り合いゼロから始まり、今では私を受け入れて、繋がって下さっている方が100人以上になりました。ありがとうございます。継続して参加しますので、今後ともよろしくお願いいたします。


やはりですが、浜松の方と静岡の方は気質が違いますね。どっちがよくて、どっちが悪いという事を語るつもりは全くありません。同じ静岡県の人間ですから。参加し続けてきて、直接感じた事です。こうした事も含めると、自分から積極的に会いに行く、自分が他地域へ出向く事も必要ですし、出なければわからないことはたくさんありますよね。私にとっては、貴重なのです。せっかく貴重な場がありますから、ブログを読んだ皆さんも勇気を出して、行ってみましょうよ。


ぜひ、静岡県中部にお住いの方でも、西、東の隣町に足を運んでみてはいかがでしょうか?思いもよらない幸運と縁が待ってることがありますよ。



初対面でも信頼関係を早く築ける、初めての場でも動じない、自分を知り、どんなところでも力を発揮できる自分になりたい、なってみたいと思う方、そんな方には素質論がピッタリです。今年最後の素質論講座はこちらからお申込み下さい。

                         ↓

                   https://goo.gl/6Apnp6

2017年10月22日 (日)

特別検証!少し早めの選挙結果予想

あまり、早く書き過ぎてしまうと、公職選挙法関連だったり、世論の誘導だったり、悪く書かれてしまった方は、名誉毀損の対象になってしまうケースもあります。

できるだけギリギリを狙っての投稿です。


選挙予想とはいえ、各党の党首の投票日のタイムコードだけで予測してます。投票日の評価を5段階で評価をして、議席がどう変化するか、自民党、公明党、希望の党、維新、立憲民主党、共産党の6つの党で予測していきたいと思います。少数政党の党首は割愛します。未来予測の選挙バージョンです。あくまでも、参考までにして下さい


自民党、安倍首相(8-1-3)  ☆☆☆☆☆  議席数 ↗

解散権は内閣総理大臣の専権事項と言われてますよね。私も解散をするならば、今月しかないと思ってました。今年のタイムコードはリワードの年です。ある程度の反発があっても、それを跳ね返せるくらいの力があります。もし、任期まで全うしての解散ですと、正直、自民党は議席を大きく減らした可能性はあります。自公連立の政権で、森友・加計の問題、魔の2期生の件等で色々言われてますけど、今回の選挙で議席が、大きく増えることはあっても、大崩れはしないだろうと考えています。


公明党、山口那津男代表(9-4-6) ☆☆☆  議席数 → か ↘

私見ですが、今回の選挙ではあまり公明党が目立っていない気がします。今まで、公明党は候補者を立てた選挙区では、必ず勝利をおさめてきました。しかし、今回の選挙は山口代表のタイムコードは、あまりいい時ではありません。党の幹部候補者等の落選や思わぬ人材の流出も考えられます。組織票がある程度見込める党ですが、議席はよくて現状維持、微減と考えています。


維新、松井一郎代表(9-4-6) ☆☆☆  議席数 ↘ か ↓

公明党の山口代表とタイムコードは同じですが、一時期の勢いからは、衰えていると思います。維新は今回の選挙では、希望の党との候補者調整、擁立見送り等の影響を受け、正直なところ思うような戦略が、描けなかったと考えています。今年のタイムコードはサミングアップの年なので、大きく打って出るより、内部をしっかり固めて、次の時に備える時です。公明党と同じで、党の幹部候補者の落選、思わぬ人材の流出も考えられます。議席は、微減、大きく減らすと予想してます。


立憲民主党、枝野幸男代表(8-1-3) ☆☆☆☆☆ 議席数 ↗ か ↑

枝野さんが新しく党を立ち上げた事によって、盛り上がりを見せる立憲民主党は、今回の選挙では、議席は大きく増えると予想しています。枝野さんも安倍さんと同じタイムコードです。また、リワードの年は、周りから必要とされ、担ぎ出されて、責任ある地位、ポストに就くという現象が起こりやすい年です。演説を聞いてもパワーを感じますよね。活躍の環境を周囲がお膳立てしてくれそうです。


希望の党、小池百合子代表(6-9-1) ☆☆  議席数 ↘ か ↓

もしかして、期待していた人も多かったはずです。でも、ごめんなさいかな。小池さんは先月が6-8で、絶好調で打つ手、打つ手が当たるという感じでした。そこで、希望の党を立ち上げた時もわーっ!と盛り上がったんですよね。ただし、選挙のある今月は、勢いに陰りが出てくる月です。希望の党の立ち上げまではよかったと思いますが、立ち上げたばかりの党を堅実に伸ばしていく、運営をしていかなければならない時に、国政への進出は早過ぎであると、タイムコードからは読み解れます。思ったほど、議席は取れないと予測します。また、選挙が終わり、小池さんの来月のタイムコードは6-0です。今回の選挙結果によっては、来月にも希望の党自体が無くなる可能性も十分考えられます。


共産党、志位和夫代表(2-5-7) ☆☆  議席数 → か ↘

タイムコードから見たら、やってほしくない時期の解散ですね。苦しい立場ではありますが、選挙では皆さんで協力して、苦労も理解して、当選した人が次の選挙でも議席を取れるように、共に成長していく時でもあります。公明党と同じように、ある程度の組織票が見込める党なので、議席は現状維持か微減と予想しています。



        11月19日の素質論講座のお申込みはこちらからどうぞ

                       ↓

                       https://goo.gl/6Apnp6

2017年10月18日 (水)

検証!個人未来予測10月

ある特定の個人(大阪にお住まいのSさん)のタイムコードを1年間検証して、月に1回その経過や今月または来月に起こりそうな出来事をブログで書いています。

そんな都合のいい事を言っておきながら、前回は合併号になってしまいました。なるべく単月で書いていきます。10月のSさんのタイムコードは7-0-3です。


◎9月までの出来事(7-0-2)

Sさんにとって9月は、一言でいえば踏んだり蹴ったりの月でした。具体的には

・掃除をしていたら、ぎっくり腰になる

・求人票はあっても、上位資格がないと受け付けてもらえない

・何をしても空回りする

いいタイミングでセミナーは決まっていたが、単発のお仕事が多く、就職活動も空回りの連続でした。Sさん個人のその流れプラス世間的な流れでキャリアコンサルティング業界は厳しい局面を迎えているそうです。

思わぬチャンスや福が舞い込んできた事もあれば、空回りして終わってしまった事もあって、出来事は起こっても、好調なのか不調なのかがはっきりしない月だったように感じます。


私は、ここで重大な見落としをしていたかもしれません。Sさんは、ある日を境にしてUniverseが2から7に変わっています。素質論のタイムコードUniverseそのものは「大局」という意味です。タイムコードの7は、転換、拡大、変革、伸長というのがキーワードです。Universeに続くYearの0は、方向決定、ステップ、反省、検討、準備がキーワードです。

大局的な視点からみたSさんの今年は、もっと大きく方向転換をしないといけない、または方向転換を迫られている、そうした流れの中で自分が、変わっていく事を求められている年かもしれません。上記に書いた事を見落としていました。

行動を起こす、起こさないは別として、今後10年の事、未来像をしっかり考える時に来たのではと私は思っております。本人もその事を感じていて、軸となるものが大きく変わろうとしているようです。

今年は、ターニングポイントとなる出来事がまだまだ起こりそうな気がします。


◎10月に起こりそうな出来事(7-0-3)

・タイムコードの節日が過ぎてから、すぐに仕事は6つ決まった。

・既に決まった事もありますが、物事は順調に発展していく月

・そのような月ですので、精神的にも余裕が出て、周囲からも注目を集める可能性がある

・時は、広告、宣伝に力を入れる時であって、イメージアップを図りながら、次の芽を出させて育てていく時

・過去の努力が実を結んで、収入が少しずつ伸びてくる可能性がある


ただし、月のタイムコードが3の時は、難を逃れた後ですので、気持ちが浮ついたり、フワフワしやすくなります。注意点としては2つです。

・新しい事をするのではなく、現状を育てて増やす事に意識をしてほしい

・気を緩めず、自らが欠けている点を補うつもりで、足りない点を指摘されても謙虚に受け止めてほしい(対人関係は円滑にするために)


今月、来月は成長期にあたりますので、健康に気をつけて自制心を保って過ごしてほしいと思います。






2017年10月14日 (土)

「好評!継続中」 藤枝あさかつ!と藤枝朝食会

もしかしたら、同じ週に藤枝朝食会と藤枝あさかつ!の両方に参加したのは初めての事かもしれません。

藤枝朝食会は、このブログでも度々紹介をしてきました。藤枝あさかつ!は、このブログで紹介するのは初めてだと思います。


藤枝あさかつ!の詳細情報

日時:毎週土曜日 朝7:00~10:00(大体、皆さんが引き上げるのは10時くらい)

場所:藤枝市高柳のジョイフル

年齢層:30代~60代の男女(男女比は大体同じくらい)

職業:主に自営の方が多いですが、会社員の方でもよくいらっしゃいます。

地域:藤枝を筆頭に、焼津、島田、静岡、清水、

FBページ 藤枝あさかつ!


・ここへ来れば人に会える、会いに行ける環境があること、人と会える環境が継続的にある事は素晴らしい事

朝活も含めてですが、「異業種交流会ばかりに行く人は、見込み客がいないからそのような場へ出続けている」

どなたに言われたか、わかりませんが、言われた事は今でもはっきりと覚えていますし、実際に男女問わず、そう思っている方もいるでしょう。自営等でも、本当に忙し人は、あまりこのような場には来ませんからね。

私は、このような考え方も受け入れられます。視点を広げると、別な理由もあります。それは、過去にこのブログで異業種交流会へ出続ける理由というタイトルで書きましたので、そちらを参考にして下さい。

参照ブログ http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2017/08/post-4f90.html


私が、異業種交流会に出続ける理由はここに書かれている通りです。


・第三の居場所を持つ大事さ

職場があり、結婚している方は家庭があります。第一の場を職場として、第二の場を家庭とすると、その第一、第二の場所に不満があると、いつか爆発してしまいます。自分を保つために我慢が必要なそのような時、人間はセカンドエレメントの影響が強くなってしまいます。

素質論でいうセカンドエレメントは、~しなければならない自分、短期間なら頑張れる時、努力が必要な状況にいる時、何らかの制約がある時に出やすい自分とされています。そうした影響が強くなってくると、本来、持っていた自分らしさ、リラックスした状態の自分、一番自分らしく感じられるファーストエレメントの自分を見失ってしまう事があるのです。

だからこそ、この場にいると自分らしさ、自分という一つの人格に戻れる場があるのが、とても大切な事ではないでしょうか?ファーストエレメントの自分を取り戻せる場ですよね。それは、趣味でもボランティアでも、何でもいいですよ。そこに同じ価値観を持つ仲間に巡り合えたり、これがあるから大丈夫と思えるものがあれば、閉鎖的な環境からも脱する事ができるのではないでしょうか。素質論でも人に会う事によって、問題が解決したり、ホッとする素質タイプの方もいますからね。


第三の居場所を持つ大事さはもう1つありますよ。

自分以外のいろいろな人に興味を持つ事で、そこから自分とは異なる価値観の人を理解しようとしてみる事で、人間観も一段と深まっていきます。そこから新たな繋がりもできてくるのです。

皆さんの売上に繋がる人脈作り、交流会の在り方もそれはそれでありだと思いますが、日々の生活の中で、時として自分を見失いそうな時もあると思います。そのような時にふっと自分を取り戻せるような朝活、交流会があってもいいと私は思っております。

今では、この2つの交流会は藤枝市内の2トップです。これからもここに来れば人に会える環境を提供し続けてほしいと思ってます。

気になる方は、ぜひFBページで検索して下さい。両方のメンバーの方、これからもよろしくお願いいたします。


FBページ 藤枝あさかつ!

FBページ 藤枝朝食会


           11月19日の素質論講座、こちらは「継続!受付中」です。
                           ↓
                           https://goo.gl/6Apnp6

2017年10月11日 (水)

こくちーずでも申し込みできるようにしました

11月19日の素質論基礎理論Ⅰの講座ですが、こくちーずでも申し込みができるようになりました。

       こくちーず         http://kokucheese.com/


上記のアドレスから、直接入っていただいて

開催日で探す場合は11月19日、または日曜日開催のセミナー

開催場所で探す場合は静岡市

主催者で探す場合は石川岳志

以上のワードで探してみて下さい。

このブログからでも直接お申込みできますよ。今年最後のこの機会に受講されてみてはいかがでしょうか?皆さんの受講を心よりお待ちしております。

      
                                  

講座のお申し込みはこちらから   →          https://goo.gl/6Apnp6

2017年10月 3日 (火)

10年間の積み重ね、そして未来への申し送り

早いもので、素質論に出会い、勉強し、深め、素質論インストラクターの資格を取ってから10年が経ちました。当時から考えれば、ここまで続けているとは想像もつきませんでした(笑)


この事とは別にもう1つ10年間積み重ねてきた事があります。


それは、日々刻々と変わるタイムコード日記をつけてきた事です。

                 Cimg0330

                       Cimg0331





10年前、CANCODEファンクラブという素質論勉強したばかりの初心者(今でも入ってます)が、活用するサイトに入っていました。そのサイトは無料と有料があるのですが、有料サイトに入ると、素質論の本社が主催する講座を定価の10%引きで受講できる特典がありました。当然、素質論インストラクターの資格も10%引きで受講できましたので、資格まで取っちゃいましたけどね。残念ながら、今はその特典はありません。


当時は、素質論を勉強して、○○さんの特徴をよく捉えているよな~ ○○さん切羽つまると、やっぱりこのような判断する。こんな感じで検証し始めていた頃だったのです。


当時、CANCODEファンクラブの有料サイトを見ると、一番初めに

「今日のタイムコードは2-4-8」

と出て来て、その下に今日がどんな日なのか、どんな現象が起こりやすいか、何に気を付けたらいいか、または何をすべきかが書いてあって、最後に今日という日を、7段階評価でいくつなのかが書いてあったんです。ある時に、気づいたのがこのタイムコードに書いてある事がずーっと当っていたのです。せっかく有料サイトに入っているし、メモを取っておくだけでもいいなと思い、始めた事が今日まで続いています。


今では、そこに書いてある事を全文ノートに書き写して、更に、自分の中で今日がどんな日だったか、何が起こったか、こんな事をした、こんな気持ちだった等を記入して、毎日を振り返るようにしています。

たったこれだけですが、タイムコードは年、月、日の全て10サイクルです。貴方にとって今日が、良かろうが悪かろうが年単位なら、10年後に同じ日が必ずやってくるのです。その時のために取ったメモは「未来への申し送り」にもなるのです。


そのメモは、自分だけのものではありません。経営者、士業者の経営指針へのアドバイスにもなれば、子供を育てている親御さんにだってお役に立てる情報があります。私をよく知っている人は、たまに言いますよね。

「GW明けから上がってくる」

「来月から、こんなサイクルに入るから気をつけてね」

ありきたりですが、私から言われた事は、よく当たりますよね。


タイムコード日記は11年目に入ります。まだまだな部分もあります。積み重ねてクライアントさんに少しでもお役立てるように、ここから再スタートで頑張りたいと思います。

«緊急検証!民進党 元代表前原誠司氏のサバイバル決断